快適に暮らせるように工事する

>

リノベーションをしてみよう

部屋を増やしたり減らしたり

部屋数が少ないと感じたら、広い部屋に仕切りを付けてください。
間に壁を作り、ドアをそれぞれに付けることで立派な部屋になります。
逆に2つあった部屋の壁を壊して、広い1室にすることも可能です。
そのように元々あった住宅で、もっと生活を送りやすくするために行う工事をリノベーションと呼んでいます。

キッチンの機能性が高くなるように、リノベーションする人も増えています。
作業するスペースが狭いと、料理しにくいのでストレスが溜まるでしょう。
またシンクの素材を汚れが付きにくいものに変えたり、収納スペースを増やしたりできます。
調理器具を出したままにすると見栄えが悪いので、全て綺麗にしまえるよう収納スペースを用意してください。

見積もりを聞いておこう

少しだけリノベーションする場合は、100万円から200万円で済みます。
しかし住宅全体に機能を追加したい時は、500万円ほどの費用が発生するかもしれません。
予算を決めて、超えない範囲で可能なリノベーションを業者に聞きましょう。
また業者では無料で見積もりを出してくれるので、細かい金額を知りたい時に活用してください。

さらに中古の住宅を購入して暮らしている人は、注意が必要です。
その場合はリノベーションする時に、耐震工事を同時に行う必要があるのでもっと費用が高くなると覚えておきましょう。
そのため、多めに予算を確保しておくのがおすすめです。
予算を決めることは大切ですが、少なすぎるとできることが限られて、希望を叶えられません。


この記事をシェアする

トップへもどる